LOG IN

トマト・トマト・トマト

by Artøgic Gemini

村上春樹風に。

トマトです。ちがう、Caloです。こんにちはw
アー写の撮影に向けて、メンテナンスも兼ねて眼レフ撮影の練習をしていました。最近作曲とかウェブサイト組んだりとかで写真の方は結構おサボりしていたので、少し復習しておかないとぶっつけ本番は怖いなとw
被写体はミニトマトです。見れば分かりますね((

近年ではスマホの解像度もデジタルカメラに匹敵するなんて言われているし、事実ヘタに古い眼レフで撮るよりもスマホで撮影した方が綺麗に撮れたりします。少し前までは僕のD60だって(僕に)チヤホヤされていたのに。。。((
単焦点レンズや望遠レンズのアタッチメントをスマホに装着すれば、もうその辺のデジカメなんて目じゃないくらい凝った見た目の写真に仕上がります。

なので少し前まではアー写も「スマホで撮影する感じで良いよね?!」なんてLutoに言っていたのですが、
直前になってちょっと考えが変わりました。

スマホで撮影したものとレンズ交換式アドバンストカメラ(Nikon様ッ///// のミラーレス眼レフです)で撮影したふたつの写真をAdobe様のLightroomさんで現像しながら比べてみたところ、レンズ交換式アドバンストカメラの方がディテールや色合い等の表現力が圧倒的に優勢(に見えました)。
左がスマホ、右が眼レフです。

縦横比が違うとかそういうのは置いといて、ピントが外れてからボケるまでの移行のスムーズさや色合いや影の表現を見てみてください。
僕が長年眼レフユーザだからかもしれないのですが、右の眼レフで撮影した写真の方が好きです。パッケージに詰め込まれたトマトのムチムチ感が表現できてる。
レンズの性能の差(収差とかね!)とか光源のフリッカーが云々っていうのはもちろんあるんですけれども、撮像素子とかソフト側の色味調整も、右の方が好印象な気がします。スマホの方は赤被りしちゃってるんだよね。。。影の部分も黄色いし。。。

恐らくスマホは広角撮影には向いています。
集合写真なんかはスマホで撮っても遜色ないような。
ピン撮も予定している身としては、単焦点レンズを付けたときに収差が少なく色味も自然に映る方が良いです。

CaloはAdobe信者のNikonフリークを自負しているのですが、大好きなこのふたつをPPAP()すると視野が広がる気がしました。
アー写撮影前に気付けて良かったですw


Artøgic Gemini
OTHER SNAPS